犬にとって辛い症状となる椎間板ヘルニアとは

人懐こく明るい性格の犬

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグは、コウモリの羽のような立ち耳が特徴になっており、大きな頭部と筋肉質でがっちりした体型をしています。小型の犬種で、他の犬種に比べると、温和な性質をしており、無駄吠えも少ないので、高齢者も飼育がしやすいです。

新しい家族を迎える

女性とドッグ

ペットショップでは、血統書がついている子犬を購入することができます。ショップ以外にも、直接ブリーダーと交渉して購入することもできます。ただ、犬を飼う時は「かわいい」だけを理由に飼うのではなく、その後の面倒もみることができるか検討したうえで購入しましょう。

辛い症状が出る病気です

犬と獣医

犬の椎間板ヘルニアは、激しい運動や肥満、骨の老化などのために、体の中でクッションのような役割を果たしている椎間板に負担がかかって起こる病気です。これは体のいろいろな部位に起こる可能性がありますが、実際には背中から腰にかけてが多く、背中が痛んだり後ろ足が麻痺するなど、体を動かすのが辛くなる症状が出ます。そして、軽度の場合は歩きにくい程度ですが、重度になると自力で起き上がれなくなったり、排便や排尿などで補助が必要となったりします。そのため、少しでも椎間板ヘルニアが疑われるような症状が出たときは放置せずに、早めに動物病院に行って診てもらうことをお勧めします。また、ダックスフンドやペキニーズなど、短足犬や小型犬の場合は、若い頃からこの病気にかかりやすいと言われているので、特に注意が必要です。

犬の椎間板ヘルニアの治療法としては、軽度の場合は薬物を使うことが多く、その際は日常生活でも安静にして、あまり運動をさせないようにすることが大切です。そして重度の場合は手術により、飛び出している髄核を除去することになりますが、最近では体に負担があまりかからないような手術方法も開発されています。さらに歩きにくさが解消せず、自分だけでは歩けなくなってしまった場合には、犬用の車いすなどの補助道具を使うことが多くなっているようです。このような犬の椎間板ヘルニアを予防するには、激しい運動を避けたり、歩くときに体に負担がかからないように室内の床の状態を考えることなどが大切です。また、肥満もこの病気の原因になるので、食べ過ぎや運動不足を避けて、椎間板を傷めないような体型を目指すことも重要と言えます。

ペットの供養をしましょう

骨壺

ペットが亡くなったとき、ペット火葬を依頼する人が増えていますが、火葬には複数の種類があるので、それぞれに合ったものを選ぶことができます。また、火葬後の墓地選びに関してもいくつかの選択肢があるので、ペット葬儀社に相談したりしてみると良いでしょう。