人懐こく明るい性格の犬|犬にとって辛い症状となる椎間板ヘルニアとは

犬にとって辛い症状となる椎間板ヘルニアとは

人懐こく明るい性格の犬

フレンチブルドッグ

ユーモラスな愛らしい顔

フレンチブルドッグは、コウモリの羽のような耳が特徴になっており、頭部が大きく、ユーモラスな愛らしい顔立ちが特徴になっています。ブルドッグとは違い、人懐こく、温和な性質をしているので、高齢者も飼育がしやすくなっています。がっちりした骨格をした小型犬なので、室内で飼育をするのに向いています。他の犬種と比べても、むだ吠えなどが少なく、短毛で艶のある毛質をしており、ブラッシングなどのお手入れも簡単です。体の大きさの割には、フレンチブルドッグは食欲が旺盛なので、高たんぱくで低カロリーな栄養価の高いドッグフードを与えるようにして、肥満を防ぐ必要があります。暑くて湿度の高い場所では、体調を崩しやすいので、部屋の空調を整えてあげて下さい。

甘えん坊で明るい性質

フレンチブルドッグは愛玩犬として、改良された品種なので、甘えん坊で明るい性質を持っています。非常に頭が良く、しつけもしやすいので、小さなお子様のおられるご家庭でも安心して飼育ができます。がっちりした骨格で筋肉質の体を持っており、愛らしい顔立ちなので、幅広い年代の人に人気があります。外に散歩に行く機会が多い場合は、ノミやダニなどの寄生虫から、大切な体を守るために、定期的に薬剤を使って駆除をしてあげましょう。信頼できる評判の高いペットショップでは、血統が良く、健康な子犬が販売されています。フレンチブルドッグは、ヨーロッパ諸国でも高い人気がありますが、日本でも根強い人気があり、飼育してみたい人が増えています。