ペットの供養をしましょう|犬にとって辛い症状となる椎間板ヘルニアとは

犬にとって辛い症状となる椎間板ヘルニアとは

ペットの供養をしましょう

骨壺

家族の一員であるペットが亡くなった場合、以前は庭に遺体を埋めるようなことが多かったのですが、最近ではペット火葬を利用する人が増えてきています。ペット火葬の利点としては、可愛がっていたペットに感謝しながらしっかりと供養することができるので、飼い主が満足する可能性が高いということが挙げられます。また、この場合は他のペット達と一緒に火葬される「合同火葬」やそのペットだけの「個別火葬」の他、自宅まで来てくれる移動火葬車に火葬を任せるという方法もあります。なお「個別火葬」を行うときは、飼い主が立ち会う場合と、葬儀社に一任する場合の2通りから選ぶことが可能です。このようにいくつもの種類があるので、それぞれの好みや希望に合った火葬ができるということも大きなメリットと言えます。

ペット火葬で合同火葬を選んだ場合は、料金は安くなりますが火葬に立ち会うことはできず、遺骨も返還されません。その点、個別火葬ならば、葬儀社に一任した場合でも立ち会いができる場合でも遺骨が返ってくるので、その後は霊園に依頼したり、自宅に残しておくことも可能です。また、移動火葬車は自宅から出かける必要がなく、無煙、無臭という利点もありますが、大型犬の場合は対象外になってしまうことがあるので、事前に確認する必要があります。さらにペット火葬の後に墓地に遺骨を埋葬する場合は、ペット専門の霊園も増えていますが、ペットが飼い主と一緒に入れる墓もあるので、どうするかを考えておくべきです。そして、この点に関しては、ペット葬儀社が詳しい情報を持っている場合が多いので、火葬を依頼する際に相談してみると参考になるでしょう。